雑記

【戯言】 7/7稼働で見聞きした倒産じぃじの見解

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

 

こんばんわ。倒産じぃじです^^

 

 

他所様のブログでも続々と7/7稼働の記事がアップされてますね。

 

 

全体的に見て、

 

 

自分含めて負けてる人の方が大多数のような気もしてますが^^;

 

 

まー勝ってる人が必ずしもブロガーではないですから一概には言えませんけどね笑

 

 

今回のブログでは、勝った人も勝てなかった人も、少なからず店側の出玉感に納得できなかった方々へお送りする内容です。

 

 

このブログを書きながら、自身でも改めて設定狙いの難しさを思い知ろうと思います笑

 

 

長文です。過去最長かもしれません。

 

 

そのくせ個人的見解という体たらく。ご了承のうえご覧ください^^;

 

【戯言】 7/7稼働で見聞きした倒産じぃじの見解

 

7/7は回収日だったのか

 

さて、実際のところ全国各地で修行のような並びを体験された方が数多くいらっしゃると思いますが、その結果は並びに反映するものだったのでしょうか。

 

 

並んだ価値のある出玉だったのでしょうか。

 

 

ネットで様々な店の様子が飛び交ってますが、個人的には実際に自分の目で見てない以上はなんともといったところですが…

 

 

実際に自分自身が稼働してきた店はと言いますと…

 

 

くっそしょぼかったw

 

 

というのが正直な感想^^;

 

 

まぁ7/7が強いと謳っているというより、急遽打ち出したとってつけたようなイベントだったのでまぁ仕方ないですけどね、店のあおりに乗っかってしまった自分の判断が悔やまれます。

 

 

では、7/7は強い日です!と元々謳っていたお店ではどうでしょうか。

 

 

たぶんそういう地域での稼働をされた方の方が多いんでしょうね。

 

 

並びの段階からワクワク感を持って並べた方も多い一日だと思います。専業者にはめちゃくちゃおいしい日とは言えない要員の一つかもしれませんね^^;

 

 

並びは費用対効果が合わないとしたくないもんです。

 

 

で、僕の知り合いの方が在籍している店舗は強いと謳ってたんですよ。

 

 

結構出てないって話は他から聞きましたが。

 

 

個人的見解をいいますと。

 

 

少々出したくらいじゃ出てるって言ってもらえない時代になったんだなと痛感しました。

 

 

誤解を恐れずに言うのであれば、

 

 

出してる店でも(そう見えるかは別として)、その意思が打ち手にまで届かなくなってしまったんだなと。

 

 

出てる基準って難しいですよね。

 

 

実際にホールのあちこちに別積みの台車があって、大当たり回数も普段にもまして多くて、グラフは右肩上がりにぐぅぅぅ~ん!みたいな。

 

 

そういう店がいわゆる出してるお店と言われやすいと思います。

 

 

でも、お店が大赤字、もしくは計画利益を割る調整で特定日に挑んでも、打ち手にはとても伝わらないようです。

 

 

要員はいくつかあると思います。

 

1、打ち手レベルの向上
2、機械性能
3、営業時の利益
4、全機種、全店対象イベントであること

 

こんなとこでしょうかね。順番にかみ砕いてお伝えしていこうと思います。

 

 

念のためもう一度確認を込めてお伝えしておきますが、

 

 

個人的見解です!

 

 

近からず遠からずとは思いますがね。下記に記載しようと思います。

 

打ち手レベルの向上

 

これはもう一昔前と比べたら明らかな違いです。なんせ十年前に専業やってた時にはスマホなんてありませんでした笑

 

 

ようはスマホで誰でもどこでもいつでもネットにアクセスして、より有益な情報を得やすくなってしまったんですね。

 

 

専業として成り立ちやすくなったのもこれが要因とも思えます。

 

 

昔のように知らないまんま打って、出たら6、出たら高設定、なんて言う人も絶滅危惧種までは言わないまでも、圧倒的に減りました。

 

 

オカルト信者なんてどこいってしまったんでしょうか笑

 

 

若い子たちに限らず、年配の方でもスマホで調べれば機種の特徴からゲームフローはもちろん、設定看破要素、辞め時までスグ出てきます。

 

 

並びながら狙い台の設定差のあるポイントを熟読した人も少なくないんでしょうか。

 

 

俺はよくします笑

 

 

つまり、6でない限り、場合によっては5以上でないと(個人的に)分かったらすぐにやめれる、持ち玉があっても交換する人は確実に増えました。

 

 

これでは出玉感は伴いません。仮に4を置いてやめられたとすると、グラフで確認できる以上に出玉感に欠けます。

 

 

持ち玉には投資分のメダルもかさ増しされますが、グラフでは投資分は素直にマイナス域へ向かいます。

 

 

それだけ客滞在率は大事ということになります。

 

機械性能

 

そんなの当たり前やん!って言われちゃいそうですが…主に機械割面よりも短時間での出玉が大きいと思います。

 

 

とはいえ旧基準機種の方がホールではバリバリ現役なわけですが、その旧基準機も一発待ちなところは否めません。

 

 

一発を引くまではどれだけ投資に耐えることができるか、メンタルがあるかになってきます。

 

 

ただし、短時間でどかっ!とは出ません。

 

 

やっぱり数時間かけて、一ゲーム当たり三枚のメダルを積み上げていくのです。

 

 

一発を引いても見た目になるまでには時間を要する上に、その一発が終わると疲れと満足感から交換してしまう人も多いと思います。

 

 

それだけ次が遠く感じてしまうのもあるんでしょうね。

 

 

全体で出玉感を演出するには、全員がロング継続、かつ、終了時も出玉を流さないことが必須です。

 

 

大量出玉保持後の継続中の段階をどれだけ見れるかで店内の出玉感は大きく変わると思われます。

 

営業時の利益

 

パチンコ屋さんの利益率ってどれぐらいかご存知ですか?

 

 

人件費や光熱費などのランニングコストを除いた、サンド投入額、貸し玉ベースです。

 

 

おおよそ80%~85%が還元にあたります。

 

 

これが特定営業日には85%~100%なんてお店さんも全くないわけではありません。

 

 

なんなら100%を超えるお店も中にはあります。

 

 

もちろんそういうお店が、すべての特定日で割り100%越えを打ち出すわけではありませんが、それだけ本気の営業をしているお店も中にはあるのも事実です。

 

 

これは打ち手全員が引き強の猛者だったってこともなくはないでしょうが、計画段階からそれを予定していることを指しています。

 

 

そもそも設定1の機械割よりも大きく寺銭が下回るのは営業時に起こる不可抗力が原因です。

 

 

趣旨とそれるので簡単に記載しますが、小役の取りこぼし、天井やモード搭載機種での辞め時、ロング継続における閉店ストップなどがあげられます。

 

 

等価交換でないお店の場合は換金ギャップも含まれます。

 

 

ようは全員が一万円つかっても8割程度還元にまわっているのが一般的な平常営業時の割り数。

 

 

これが100%だったらどれだけ店側が本気かがわかります。

 

 

が、打ち手はトントンです。

 

 

勝っても負けてもない状態で、お店が出してるとは言いにくいのも事実です。

 

 

しかし、めっちゃだしてるのも事実です。

 

 

ましてや101%でも客にはなかなか伝わらないでしょう。105%でも伝わらないかもしれません。

 

 

でも仮に101%で営業して、ましてやそれがフル稼働ともなると、それは驚くほど莫大な金額に膨れ上がります。

 

 

Aタイプの設定3とかを8000回転×設置台数ともなると結構な出玉になります。出玉感にはなりません。全く。笑

 

 

まぁさっきいったマイナス要因を考慮せずにいったので、実際には設定3の割とかを下回ることにはなると思いますが、言いたいことはそんなとこです。

 

 

一台当たりお客さんに千円還元したとして、1000台設置店では100万円の赤字になる計算です。

 

全機種、全店対象イベントであること

 

還元する以上、期待感をもってならんでくれるお客様へ極力還元したいと思ってるお店は少なくありません。今後の集客も見込めますしね。

 

 

そのため後ろにならんだ人が期待感を失わないように、どんなしょぼい機種にでもなんらかの優遇措置がとられていることも考えられます。

 

 

そうなると、よりまんべんない設定にならざるを得ないんですよね。

 

 

絆全6とかやってしまうと、先頭集団だけ勝ってしまい、他機種がその割を補わざるを得ません。でもそれだと次回イベント時には後半集団は期待感もくそもありません。

 

 

ゆえに、底上げが唯一の還元となってしまうのもうなずけます。

 

 

底上げして中間設定をより多く、ちょいちょい高設定があるような店を選ぶのか、メリハリ方のピンメイン店を選ぶのかはそれぞれですが、後者ほど稼働率は維持できません。

 

結果何が言いたいのか

 

だからなんなんでしょうか?って話ですが、ようはお店が出しててもお客は気付きません。

 

 

機種指定、法則ありなどの場合は異なります。

 

 

特定機種に力を入れます!というイベントとは勝手が違うということです。

 

 

時代が時代なんでただの戯言に過ぎません。さってしまった過去の話を引き合いに出すつもりも、

 

 

さ~らさらありません。
(七夕っぽくいってみたw)

 

 

伝えたかったことは、決して気付かれなくても、客本位に考え、還元を計画している店もこんな時代でもまだあるということです。

 

 

収支や期待値に直結するイベントでなくても、お店なりに還元してくれてるというのが、
回収が定石なパチンコ業界の中にあるだけで、少しうれしいなぁと思うのです。

 

 

優しい世界←

 

 

爺になったんでしょうね。

 

 

パチンコ屋よりの意見を書いても一銭にもなりません。

 

 

最後にしつこいようですが、個人的見解です。

 

 

どうか、倒産じぃじのことは嫌いになっても、

 

 

パチンコ業界のことは嫌いにならないでくだたい!

 

 

フライングゲット♪


fc2blog_20160709232412c66.jpg

長文失礼しました。

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村