雑記

【愛した名器】 餓狼伝説SP

電子書籍 コミック

こんにちは(^^)

 

 

スロット歴がかれこれ12年となりました倒産じぃじです。

 

 

いい年こいたじじいなので、過去の打ち込んだ名機、元い名器達をアップしていこうかなと。

 

 

名機でも良かったけど、ぞっこんって意味では名器のがしっくりくるので笑

 

餓狼伝説SP

 

c1312c4d.jpg

わたくし、俄然スロット生活全盛期であります笑

 

 

この頃はまだイベントも活発で、設定看破要素と高設定域の機械割もあり、主に法則系、全機種系のイベントでメインで追っかけてました。

 

 

設置台数からしてホールの主軸になることはない台だったため、どんな弱い機種にでも入る事が確定していないとなかなか手を出せない難点はありましたが、それをカバー出来るのがイベントでしたよね。

 

 

この頃の5号機は小役優先制御だったので、重複小役を完全察知するため、いつの間にか中押しを編み出して(雑誌見てないから実は普及してたかもだが)せっせと打っていたのを覚えています。

※と、思ったけど冷静に考えたらボナ優先だよね(後述)

 

 

この機種の目玉は画像にもある白バー揃いのレジェンドボーナス。

 

 

揃えば1000枚の純増まで続くARTに突入します。

 

 

ビッグ中はいつもジョービッグを選んでパネル抜きミニゲームをやってました。

 

 

中押し目押しで少しだけの技術介入ってのも好きでしたが、何よりジョービッグの曲がツボでした笑

 

 

レバー音の『ビシュッ』みたいな音も俺好みだったなー。レバーが軽すぎるのは少し苦手だが笑

 

 

リプパンART好きだったなー。リンかけ、スパイダー、ライダー、ボンバーマン、ガッチャ、マジハロ、戦国、2027、…あげたらきりがないけど、

 

 

時代が変わって美化されることもまた思い出なのでしょうね。

 

 

おってまた取り上げていきたいものです(^^)

 

 

それではまた(*^_^*)