仮想通貨

CampusCoinを知ってますか?人呼んでチ〇ポコイン!(マジで)

☟をプッシュで喜びます(*゚∀゚)っ
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

おはようございます。

この記事の書き始めは1/13の16:52。

動かすつもりのないポジション&動かせないZaif内のETH(マネロン防止?)&入金するほど日本円が手元にない…etc、などの悲しい悲しい理由から、買いたい欲のでるCOIN模索を中止。

そりゃそうだ。買えもしないのにほしいもの探してどうするんだよ!

って少し考えた後に、

””営業やってた頃には、先にほしいものを洗い出し、それに向けて頑張る””

という、いわゆる自分を追い込むやり方を本部が推奨していたことを思い出す。

まぁ確かにあながち間違いじゃないと思うし、

実際にネットワークビジネスの世界でも、商品を売りにせず、マネーゲーム化しがちな案件ではよくこの教えが説かれるわけだ。

ただまぁそれが強要された時点で、それはもはや自分で追い込んでいるわけではないぞとも思える。

自分で自分を追い込むのは、あくまで自身による””有言実行””が大前提なわけで、

そんな他人に強要されたケツ叩きなんて、ただのプレイスタイルにしかならんというわけだ。

自論だからどうかしらんけど←

さて、そんな訳で、購入COINの模索をとっとと諦めて、保有通貨の情報を洗い出してみましたよと。

cmpco

CampusCoinを知ってますか?人呼んでチ〇ポコイン!(マジで)

みなさん、CampusCoin(=キャンパスコイン)って知ってます?

聞いたことがない方も多いと思います。まだまだ馴染みがないですからね。

取引所は2018-1-13現在、クリプトピアとコインエクスチェンジでのみ取り扱われている、まだまだ無名の草COINです。

 


円換算のウィジェットにしました。BTC建だとピンとこないしね。

通貨名は前述した通り、キャンパスコインと読み、シンボルはCMPCOでs…

( ,,`・ω・´)ンンン?

チ〇ポコ!?!?(゚Д゚;)

はい、失礼しました。

言いたいだけでした。

ちなみにシンボルの読みは正式に上記通り””チ〇ポコ””らしく、日本読みの影響で、正式に呼称変更を検討されているんだとか?(;^_^A

まぁ確かに普及に当たっては少し抵抗があるかもしれません(;^_^A

と、言うわけで今回は保有通貨の中からキャンパスコインのお話です。

キャンパスコインの進捗報告書♯8

オフィシャルページを見てみると、2018-1/12に更新されていました。

まぁ割と早い段階で気づけたなぁと思う反面、

こういった情報をいかに早く察知するかの難しさを痛感したわけです。

情報は鮮度。こと仮想通貨においては、それに加えてカバー範囲。

俺はこの辺…できてないなぁorz

さて、ボヤキはこのへんで、レポート内容を見ていきましょう。

~以下、和訳抜粋~

 

CampusCoinプロジェクトチームは皆を2018年に歓迎したいと思います!このレポートは、第1四半期(JAN-MAR)の重要な課題を要約します。

技術開発計画要約第1四半期

  • アプリケーションテスト:  CampusCoinプロジェクトチームの2018年第1四半期の最も重要な技術課題は、CampusCoin AppのAlphaバージョンの開発です。正確なリリース日は石で設定されていませんが、このバージョンは小さな個人のコミュニティに公開され、テスト目的でのみ使用されます。今後のレポートのリリース日に関する詳細情報を探してください。
  • ホワイトペーパー:  CampusCoinホワイトペーパーは、最初のアプリのリリース直後に公開される予定です。私たちのチームは、アプリのアルファ版が作成されているので、ホワイトペーパーを同時に開発する予定です。私たちのホワイトペーパーは生き生きした文書になるでしょう。つまり、CampusCoinプロジェクトが拡大するにつれて、その一部が絶えず変化し、文書の他の側面は変わらないということです。リリース後、ホワイトペーパーの更新は、すべてのCampusCoinメディアでリリースされた週刊レポートを通じて伝えられます。
  • 交換拡大:  CampusCoinチームは、CMPCOの世界的な曝露を増やすことを期待して、様々な新しい取引所への受け入れに焦点を当てます。私たちのチームは、私たちのチームと取引所のチームが、この情報を公開する適切な時期に合意するまで、私たちが連絡した取引所についてコメントしないことを明確にしたいと思います。私たちのチームにも彼らのチームにも。CMPCOが交換チームへのアクセスを獲得したことについての情報は、チームまたは取引所自体が直接リリースしなかった場合は無視する必要があります。

マーケティング開発計画のまとめQ1 2018

  • キャンパスアンバサダープログラム:  2018年第1四半期のCampusCoinプロジェクトの主なマーケティング活動は、キャンパスアンバサダープログラムの拡大と発展です。私たちは現在、約58名のアンバサダーがプログラムに参加しており、3月末までにその数を少なくとも100に増やす予定です。私たちのビジョンを広げるために必要な奨励金や資料を含む、今後の報告書で頻繁に開催されるアンバサダープログラムの更新を期待してください。
  • チームのページをご覧ください: 私たちはコミュニティに耳を傾け  、チームとの出会い を第1四半期の最優先課題として発表しました。私たちはできるだけ透明で、自分をあなたから隠すつもりはありません。中程度の報告書を読むことで、CampusCoinプロジェクトチーム内のいくつかの名前と位置が見つかります。私たちは、世界が変わるアイデアだと考えているものを開発することに忙しかった。私たちのチームとチームのアドバイザーに関する詳細は、 すぐに私たちのサイトで公開される  予定です。
  • Launch Schoolの検索:  CampusCoinプロジェクトチームは、CampusCoinアプリの最初の出発地として使用される学校を見つけるために、2018年の第1四半期を使用する予定です。連絡先の学校や連絡先の学校の詳細は現時点では公開できません。新しい交流に同意するという我々の方針と同様、投機的な情報に基づいて学校に不当な注意を払うことは望ましくありません。私たちはそれが受け入れられるようになると情報を公開するでしょう。
  • CampusCoinスポンサーイベント:  CampusCoinプロジェクトチームは、2018年第1四半期に米国で地上を破り、最初のCampusCoinスポンサーイベントを開催することを目指しています。このタスクに関する正確な情報は、合法的にリリースすることはできませんが、今後のレポートで更新情報を探してください。

 

公式ページより抜粋して和訳引用

文中にある、””キャンパスアンバサダー””とはなんでしょか?

キャンパスアンバサダーとは、いわば広報活動をする人のことだと思われます。HPによると、

””地元の学校でキャンパスコインを宣伝することで、公式キャンパスコインアンバサダーになりましょう””

と記載があります。

報酬欄の和訳から読み解くと、キャンパスコインの利用可能店舗拡大に一躍買った人が公式キャンパスコインアンバサダーになれるっぽい。それに伴う報酬もなかなかよさそうな書きっぷり。

『見返り良いから宣伝よろしく!』って考えで間違いないはず。

その宣教師が現在58名であり、100名にまで増やすと。

現実的なものかどうかが想像しにくいかもしれませんが、昨年の第3四半期、第4四半期にはそれぞれ、20名、50名という目標設定に対して、いずれもクリアしています。

和訳だけではピンとこないかたは、ぜひ公式ページにいってロードマップと今までの進捗を確認していただきたいのですが、



一応有言実行のスタイルで歩んできているようには見受けられます。

ホワイトペーパーの刷新も伝えられており、アプリリリースタイミングということは三月前後?あってる?

個人的に目を引いたのが、CMPCOプール。チ〇ンポコプールであってます。いや、あってません(何言ってんの?

恐らくマイニングで利用する場所なんですが、ページへ飛んだらマイナーが二人…

これをどうとらえるかは人それぞれですが…

俺はぶっちゃけ興味を持ってしまったクチですw

とはいえ単価が単価なだけに、報酬も円換算ではまったくもって収入にならなそうですが(;^_^A

まぁ暇があったら調べてみますw

さてさて、ほとんどが脱線した状態で記事を終えようとしていますが、

少しでもキャンパスコインに興味を持ってもらえたら、上昇、下落で気持ちを共感できてうれしく思いますw

気になった方はクリプトピアか、コインエクスチェンジにて見てみてください。

ちなみにじぃじはクリプトピアの使い勝手が悪そうだったので、登録はしたものの、コインエクスチェンジを利用して購入しました(;^_^A

▼CMPCOみてみるぞって人はコチラ▼
CoinExchange.io

なお、買い煽りではなく、保有COINの紹介記事として書かせていただきました。必ず上がる保証をするわけではありませんので、投資をする際には必ず自己責任であることをご承知おきくださいorz

PS:ながら書きで、18:47に書き終わりました(;^_^A

たこ焼きプッシュで喜びます(*゚∀゚)っ
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

減らず口のよくしゃべるツイートがコチラ。