仮想通貨

zaifトークンと、その発行元である””テックビューロ社””に関して妄想してみる。

電子書籍 コミック

☟をプッシュで喜びます(*゚∀゚)っ
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

ども。倒産じぃじです。

この記事を書いてるのが、12/17でございます。

今回もまたパチンコ関連の話題から離れて仮想通貨のお話です。

仮想通貨もやってるパチンカースロッターの皆様も多いとは思いますが、まだ大半のことは

『仮想通貨?なんのこっちゃ。』

って感じだと思いますので、

そういった方には年内に更新予定の記事、””仮想通貨勉強会””をオススメいたしますm(__)m

また、

前置きの通り、今回は妄想記事であるため、一部の過去の確定した情報以外は個人の主観でありますので、

材料として間違えないようお気を付けください。

それと、買い煽りでもありません。投資、投機は自己責任。リスクを背負えない方の購入は基本的に共感いたしかねますし、仮想通貨界隈は未だに未熟期であることから、参入すらやめておいた方が自己資産を崩壊せずにすむと思いますよ。

無題

zaifトークンと、その発行元である””テックビューロ社””に関して妄想してみる。

妄想記事なので、細かいことはすっとばして話していきますが、

仮想通貨新規参入者の皆様は、おそらくコインチェックから始めたって人が多いと思いますので、Zaif取引所に登録していない人からしたら、

『zaifトークンてなんだべさ?』

ってなると思われるので、そんな方に三行で説明しますね。

Zaif取引所でのみ扱っているトークン(=仮想通貨と思ってもらってok)
・単価が安く買いやすい
・数日前からの価格爆上げで話題

はい!わかりやすいですね~。

そもそもzafトークンは賛否両論ありまして、過去のzaifトークン信者の方々もある程度を残して、ポートフォリオの一部をzaifトークンから鞍替えしたって話も聞きますね。

それもそのはず。このトークンは、売り出し当初5円だったのに、その後紆余曲折2.5円の時代を迎え、そこからしばらくは1円以下、0.5円前後を推移しており、

上昇材料があってもなかなか上げ幅が頭打ちで、高騰に至らなかったことから、『なにかあるんじゃね?』と思われてしまったからです。

そんな疑惑のトークンが今ようやく花開き、売り出し当初の5円に値段を戻そうと必死に上昇の一途をたどっているわけであります。

ではなんでこのzaifトークンは値段を急激に上げ始めたのでしょうか?

上げ要素の断定はどこまでいってもできませんが、大方の予想とされる材料を列挙してみましょう。

1.ロックアップ
2.COMSAがzaifにて円建てのみで上場
3.草COINブーム

主に1と2の材料に加えて、3がついてきちゃった感じでしょうかね。

1に記載のロックアップにより、大量発行されているzaifトークンの25%をテックビューロ社が約一年間は手を付けずに保管しときますよ~。の状態。

これにより二つの現象が起こります。

a.一定量は売りに出ないため、底値が上昇
b.ロックアップ前と比べて、小さな金額での上げ幅、下げ幅が増幅

日本語あってるのかな?てかそもそも認識があってんのかな?

俺自身まだ仮想通貨初めて3か月程度なので語弊を招きかねないかもだが…素人であることを前提としてお送りする妄想記事ということでご容赦ください!

間違いがあれば教えてください!

ほんで上昇の原因と思われる2のCOMSAの円建て上場。

ICO(新しく生まれた仮想通貨を取引所上場前に最初に売り出す儀式みたいなもん)で100億円も集め、さらに話題を呼んでいるCOMSAが高値売り出しが開始されたため、一気に売却され、その資金がzaif取引所内であぶれている現象が生まれたという噂。

てか事実だと思われ。

これがビットコイン建て取引もCOMSA取引の選択肢にあったら、一部の人、特に海外の人はビットコインに変えて、もう他の取引所で他の取引に使ってるでしょう。

円建てで無理やりzaif取引所内に滞留させることで、zaif取引所での取り扱い銘柄に資金が流入するといった塩梅。

事実少し前にはPEPEが暴騰。これも資金流入が原因と思われますし、それに加えて前述3の高騰理由の草COINブームがからんだ形に。

PEPEもzaifトークンと一緒で単価が安く、買いやすいんですよねー。買いやすいって言っても、安いのには安いなりの理由(需要がないなど)があるわけで、必ずしも””単価が安い=お得””という図式が成立するわけではありませんがね。

安く買って銘柄の保有量を増やした方が、高い銘柄の高騰と比べて保有資産増加の恩恵を受けやすいというメリットはありますが。

ビットコインなんてもう少量買っておいとくだけじゃぁ値上がりも値下がりも肌身で感じられないレベルにまで育っちゃったので、わくわくしたい人にはより草COIN(笑っちゃうくらい安いコイン)の方が楽しめるのかもしれません。

で、じゃあzaifトークンはこれらが原因で値上がりを続けてんの?って話になってくるわけだけども、

多分これらの影響はもう十分に出し尽くしてるわけで、俺の予想ではだけど。

それでも俺自身売却、利確するわけでもなく、いまだに保有し続けてるわけです。

ひょっとしたらいつ値崩れを起こし、大暴落のあおりを受けるやもしれない状況下にも関わらず…です。

なぜ?

それは今回のタイトル通り、俺はzaifトークンにたくさんの大きな妄想を載せているからです。

いいですか?妄想です。

それを書いていきます。

『zaifトークンには材料がな
い。足りない。』と言われることが多いです。それゆえにこの冒頭劇を悲観的に眺めている人もいます。

それはしょうがないことです。実際材料が足らないと言われればそうなのかもしれません。というか、足りる足りないの判断は傍観者ではなく、zaifトークンをやりとりしてる人間が決める事なので、『(。´・ω・)ん?』って思わなくもないですが(;^_^A

ではなぜそんな中保有するかの大前提。

『安く仕入れたいから材料がないうちに。』

これですよ。

材料がないトークンは売却が進み、それゆえ無価値化も妨げられません。

zaifトークンにも当然その可能性はなくはないでしょう。歯止めの利かない暴落から、無価値化の可能性もあるのかもしれません。

ですがね。

ここは日本ですよ?安心国家日本。平和ボケでお馴染みの日本です。平和が売りで安全が売りなんです。

悪いものは詐欺とののしられ裁かれる日本において、その無価値化の可能性はまー低いでしょう。

いわば安値で仕込み放題。値下がりリスクはあれど、無価値化はまぁすごい可能性低いはず。

さらに、これを発行しているのがテックビューロ社。取引所そのものです。財務省許可を受けた、許可営業を営む会社です。

COMSAで大金を保有することに成功したのもテックビューロ社。

この仮想通貨未熟期にこれだけの成果を上げている会社ですから、その成長は未知数。

中には『zaifトークンはテックビューロ社の株と同義』なんていう人もいます。

そう。まだ上場していない会社。

まだ上場していない、仮想通貨未熟期に大きな成果を上げた日本企業…

うーん。すごい。

さらにCOMSAブランドは信頼と期待を寄せられたがゆえに100億ものお金を集めたわけですよね?

その誰からも期待されているCOMSAをプラットフォームとして利用してICOしようとする企業も今後続々と現れるでしょう。

今はまだ少ないですけどね。なぜかって?

それは時代の先を行き過ぎているから。

多分w

まぁ仮想通貨自体の認知度が低い中で、上層部が頭ガチガチに固められている大企業が、仮想通貨を用いたクラウドファンディングで出資を募ること自体まだ少し時間がかかるでしょう。

でも、その今後を見据えて取り組むプロジェクトの大元が発行した仮想通貨が暴落してて、COMSAの信頼自体得られるとは思えません。

zaifトークンとCOMSAを別で考えるべきなのはCOMSA上場までの話。というか、COMSAの影響をzaifトークンが受けるのはおかしな話で、zaifトークンでCOMSAのイメージを決めてしまうのはこれはやむを得ないというか、よくある話になってくるでしょう。

すなわち、zaifトークンがテックビューロ社のCOMSAをイメージでみるものさしになりうるわけです。

で、さらに言うと、COMSAプラットフォーム使おう!って、より多くの企業に思ってもらうには、株式一部上場も目指したいと思うんですよ。

そうなってくると名実ともに日本を代表する企業に仲間入り。やったね。おめでとう!

するとどうでしょう。世界からCOMSAにお金があつまり、zaifのイメージキャラクターでもあるzaifトークンの価値もきっと高まる…っていうか、

この時にはもう、zaifトークン自体に何らかの付加価値がついているはず。

例えば、【zaif取引所内の取引手数料の内、50%をzaifトークンホルダーに還元】とかさ。

むしろ俺はこれをずっと希望してるwはやくそうならんかなぁ…w

この還元方法もさ、zaifトークン払いじゃなくて、COMSA払いにすることで、よりCOMSAでICOを開始する企業にお金が流れやすかったり、そのためにCOMSAを必要とされる方々との間で流動性が生まれて、より取引手数料が生まれたりなんかしちゃってさ。

もういいことづくめじゃん!

zaifトークンを持ち合わせて得たCMSでCOMSAでのICO通貨に投資…とかさ。

得たCMSを売却して他の通貨に投資…とかさ。

zaif取引所活発化不可避!

それすなわちテックビューロの評判。めぐりめぐってCOMSAの評判!

考えるだけでも楽しいじゃねぇかよ…。

妄想だけどな…w

こんなことを考えると、いつまでたっても売る気は起きないし、安くして購入した人のほとんどは、材料がなくても耐えられた人がほとんどなわけだから、

底は厚いよね。

素晴らしい!

最高だ!

という妄想ね。ここ重要w

もっと妄想するとすると、ロックアップを公約している一年後、その前後に一部上場の話が出れば、市場に出回るトークン量よりも、ホルダーの握力が増強するんではなかろうかw

いやー、素晴らしい。

俺の保有量だと、億り人にはちょっと厳しいかなとも思ってるけど、

現実的に半人前億り人…5000万円くらいの資産目指したいの~^^

という妄想ねw何度でも言いますw

ただまぁ、どの銘柄も上昇傾向で、仮想通貨バブルとももてはやされてますが、

安易に手を出すのはオススメしません。

俺は保有資産のほぼすべてを仮想通貨にぶちこみが完了し、今後の収入のそのほとんども、必要用途以外のものは投入する予定です。

なぜなら、捨てるものがないから。悲しい人間なのかもねw

だから、基本的には余力で、少し増えてもラッキーと思える感覚で手を付けるくらいのほうが堅実だよねって思います。

では妄想に戻りますねw

自己満記事に最後までお付き合いくださいましてありがとうございましたm(__)m

☟をプッシュで喜びます(*゚∀゚)っ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

減らず口のよくしゃべるツイートがコチラ。< br />