日常

努力義務とはなんなのか?東京都議会がついにプライバシー空間も喫煙取り締まり!?

電子書籍 コミック

image
ひえーー!可視化しすぎーーーー!
こんばんわ、倒産じぃじです。
いやいやいや・・・世も末ですな・・・以前ツイッターでもつぶやきましたが・・・


なんと、ついに可決となりました。
朝日新聞DIGITALの記事からです。

子どもいる自宅禁煙「都民の責務」 都議会が条例可決:朝日新聞デジタル

東京都議会は5日、子どもの受動喫煙を防ぐために、自宅やマイカー内に子どもがいる場合、禁煙を努力義務とする議員提案の条例案を賛成多数で可決した。来年4月1日に施行される。厚生労働省によると、私的な空間…


以下、一部抜粋

 条例は、18歳未満の子どもに受動喫煙をさせないよう努めることを「都民の責務」と規定。子どもがいる住宅や車の中などでの禁煙を努力義務とする。保護者に対しても、子どもに自宅などで受動喫煙をさせないよう、対策が不十分な飲食店やカラオケボックスなどに入らせないといった努力義務を課す。罰則は設けない啓発条例となる。

引用:子どもいる自宅禁煙「都民の責務」 都議会が条例可決/朝日新聞DIGITAL
公共施設の受動喫煙防止策がいまだ検討中されている中で、早々に可決される私的空間での自由を規制する条例・・・
以前もお伝えしましたが、念のためもう一度・・・
俺は喫煙者ではありません。
文字サイズフルマックスで主張ですよ。もちろん受動喫煙を推進しているわけでもありませんし、喫煙者を擁護しているわけでもありません。
とにかくつっこみどころ満載なこの条例。みなさんどう思います??
受動喫煙する側が苦痛か否かは別問題として、本人の意思に反して健康被害がでるのはよくない。これはおそらく喫煙者、禁煙者を問わず共通の意見でしょう。さすがに受動喫煙を狙ってそのためだけに意図的に公共の場で喫煙する人もいないでしょうし。
そもそもね、タバコって合法であり、20歳以上であれば誰でも簡単に手に入れることができるんですよ。
公共施設における喫煙防止は理解できなくもないけど、個人空間を条例で制限とはどれほど恐ろしいことでしょうか。
”罰則がないから、あってないようなもの”とも思えますが、これが怖いところで、
しれっと自由であったはずの部分に条例(法律)が介入してきた初めての出来事ですからね・・・
そもそも”対策が不十分な飲食店やカラオケボックスなどに入らせないといった努力義務を課す。”って、その不十分な飲食店やカラオケボックスを規制の対象として話を進めてたんだから、そっちを先に形にしたならこんな手間いらんくね?
まともに話題になった初めての実績がこんなお粗末な条例だなんて・・・そのうち魔女狩りでも行われるんじゃねーか?
ここまで書いといてなんですが、条例の内容云々ではなく、こんな条例が可決されてしまうこと自体が問題ですよねぇ・・・
思い立ったらまず行動派の俺ですら躊躇する内容の記事をお届けいたしました!