日常

建設業界 5年以内に週休2日を定着させる!?可能か否か

image

こんにちは、倒産じぃじです。




お馴染みのNewsPicks
ぽちぽちなどするタイムに
突入しておりましたのでご報告。

NewsPicks – ソーシャル経済ニュースアプリを App Store で

 

※アプリはこちらから


今回の倒産じぃじピックスは
こちら。


建設業界 5年以内に週休2日定着させる | NHKニュース

 

内容はタイトル通り。
詳細はリンク先を見てもらうのが
早いかと……
元々自営業時代には
建設現場にも携わってたし、
ニンク依頼で直接現場作業とかも
してたけど、
週2休みのところはかなり少ない印象。
遅れてた場合は日曜日でも動くしね。
というか、
本来は日曜日は騒音関係などで、
一般的に休日で休んでおられる
近隣住民に配慮して工事をやめる。
ってのがあったと思うけど、
広く言えば不景気の影響でしょうねぇ。
いつの間にか日曜作業もよくみます。
人手と時間を削り、
商用施設などは少しでも安く、
そして早く完成を目指したいのが
本音でしょう。
元請けのゼネコンも削れるところは
削りたいはず。
まぁそれはどの業種もそうだけど。
内容はタイトル通りながら、
改善を図る理由としては
“若い働き手”が集まらないとの事。
現場作業員の中には、
一流の職人を目指す腕利きから、
訳あってそこで働いている人まで
様々な人種が入り乱れます。
受け皿としてとても広く、
とても頼りになる親方も多いです。
そういう環境が
嫌だという人もいるでしょうし、
オレは割とそういう流れ者が集まる
環境は嫌いじゃないです。
ただ、この取り組みが
どこまで現実的かは別問題。
改善はしてほしいけどね。
作業員不足はもうかなり前から
起こってるし、
各災害による復興作業とか、
国家規模のプロジェクトに
限りある人員が割かれているのも事実。
よって建築費用は上昇を余儀なく
されるのは当然で、
売り手と買い手の摩擦分のしわ寄せが
どこかに影響してしまうのは必然。
実際に可能かどうかもそうですが、
難しく、そして改善の余地のある
問題に着手した
というところは
ホントに素晴らしいなぁと
思います。