たこやき話

じぃじ、くたばる

電子書籍 コミック

初出勤日から日付にして丁度1週間。6回目の出勤となるこの日は初めての通し。

昼間の3時間と、夜間の4時間の営業、どちらにも参加するということになる。
昼の部のやる事もイマイチ理解出来てないのに、夜の部ともなると一体全体どうなるのか…
怖すぎるwww
結果から言うと昼間の配達でやらかす。
まず一つ目。お釣りを持たずに届けに向かってしまい、目的地に着いて気付く始末。
『すいませんんん。連続して届けててお釣りを切らしてしまいまして(^^;;』と、何とか危機回避。
いいお客様に恵まれてるのは社長の人柄だと思う。
その後戻ってお釣りポーチを手に入れて別の配達に向かうと、小銭は入ってるのに札がない!万札一発アウトの危機に、手持ちの札は先ほどの売上金の千円札2枚…
コンスタントに札を売上で補充して、万札が現れた時には『すいませんんん…五千円札ならなんとか(^^;;』と、またしてもお客さんに助けてもらう。
最終的にその二回でお金に関しては何とかなった。
客が俺だったら限られた金しか手元にないから、アウトだったな…
お金以外にもやらかしてしまい、お好み焼き三枚を配達しないといけないのに、張り切って二枚だけ届けて、
『あれ?(・_・;絶対足りない』
やっちまったな!
幸い店から超至近距離だった為、『すぐ取ってきます!』とお客様に上手く話をして承諾してもらい、玄関を出ると、遠くから社長が笑顔で小走りで持ってきてくれてた。
ホントすいません…
受け取ってお客さん宅へダッシュ。そのタイムラグ実に15秒ほど。
お客さんにも謝罪。社長にも先輩にも謝罪。
事を大きく捉えてるのが俺だけのようだが、
気をつけないと…あまりにも凡ミス…
そんな失態を昼間にやらかし、夜間では取り戻すべくバイクにまたがる。
走れブルズアイ!風のように!(謎)
それでも未知の道(え?
なかなか時間がかかっているのか…
気になって到着希望時間と配達出発時間を照らし合わしてみた。
配達出発の時点で希望時間超えとる!(・_・;
なるほど、アツアツ提供だな。
最後の最後までてんてこ舞い。
しまいには初めての閉店作業でお好み鉄板の焦げ落としを覚える。
(今まではたこ焼き鉄板)
コレが恐ろしい程の筋力を使う。
筋トレを超える負荷が俺の細々とした上腕二頭筋を襲う…
プルプルしてきて力が入らん…
この日は初めて、ずっと続けてた筋トレをサボることとなった。
疲れ果ててうたた寝からの就寝。
そんな社会復帰1週間目だった。