雑記

【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、中編

電子書籍 コミック

こちらの記事は中編です。その他は以下よりどうぞ。
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、前編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、中編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、後編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、終わりに
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中。よろしければ上のバナーを、応援プッシュよろしくお願いします。
こんにちは、倒産じぃじです。
前回より、ホールでの立ち振る舞いについて記載してます。
で、前回の記事を読み返したんですが、
誤字脱字、気になりましたね。気をつけないといけないなーと猛省。
それはいいとして、
(良くはない)
タイトルと内容ですよ!問題は!
なんか書き方的に、あたかも俺が”能ある鷹”って自負してるみたいな書き方でめちゃめちゃやらしいなぁと感じましたorz
俺は”能ある鷹”というより、どちらかというと、
“髪のない歳”
どーも。鷹アンド歳です(謎)
ハイエナならぬ、ハゲ鷹とでもいいましょうか?
話がそれました。
ようは俺がどうこうではなく、自分が稼ぐ為の言動や、気になるライバルなどの言動などを注視することで、不慮の事態を避ける事に繋がるかもしれないと、そういった意味合いです。
さて、早速冒頭から長くなりそうな気もしますが、簡単なおさらいです。
前回も記載した、俺が実際に行っている事を順不同で羅列したものです。
・店員と話す
・他の期待値稼働者と話す
・勝っている事をオープンにしない
・店員を助ける
・知らない客の不正などのチクリ行為をしない
・稼働を終えた台で自分のゴミなどは始末する
・客以前に、人間としてのルールを守り、モラルを持つ
前回は【店員と話す】と、【他の期待値稼働者と話す】の、2つをとりあげました。
今回は下記より、【勝ってる事をオープンにしない】から記載していこうと思います。
こちらの記事は中編です。その他は以下よりどうぞ。
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、前編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、中編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、後編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、終わりに

【勝っていることをオープンにしない】
これは自分以外の誰にもといった意味ではありません。
信頼出来る人や、基本的に自分の稼働地域や店舗に携わらない人とか、パチンコを介した繋がりではなく元々のツレとか、
そういったとこにはオープンでいいと思います。なんせ隠す必要がない。
誰にかって、ようは”店員”や、”他の期待値稼働者”です。
すでに取り上げた内容では、前述した人達と話せと記載済みですが、
それは自分の収支を まで公開する必要はないと思います。
もしも自分の収支を公開してしまったとしたら…
後悔してしまいましょう。
(言いたいだけ)
冗談はさておき、メリットがあるなら兎も角、生まれうるメリットに対してリスクの方が大きいと判断しています。
例えば
・ハイエナ始めたてで、成果を披露したい。
・パチンコで勝っている事にステータスを感じている
・ライバルの収支公開に、負けてないアピール
など、収支を公開してしまうタイミングは多々あるかと思いますが、あまりお勧めしません。
知らないところで知らない内に広まりかねないからです。
結果として考えられるリスクとしては、
1.店員の警戒
2.他の期待値稼働者の妬み
3.一般ユーザーの誇張した噂の広まり
おおまかにこんなところです。
1は言わずもがな、出入禁止のリスクがあります。
期待値稼働者がホールに存在できているのは、ホール側の確認不足か黙認のいずれかになります。
確認不足ホールで、目立っていなかったのに目立つ事になってしまった。当然損です。
黙認ホールでの黙認レベルを超越してしまっていた。これももちろん損です。
黙認ホールが何を持って黙認しているかは、打ち手には分かりません。
レベルによっては煙たがられる事もあるでしょうから、油断大敵。
2と3の方が実は厄介です。
これは、”この店が稼げる”と露呈する事となります。
バランスを保っていたホール環境を荒廃させるほどのライバルの参入や、一般ユーザーの期待値稼働者化を、さらにそこからの噂の広まりなど、結局自分の首を絞める事となるかもしれません。
絶対にこうなる!などという書き方ができないので、信ぴょう性に欠ける記事で、自分のエゴを語ってるような気がしないでもないですが、
これはパチンコ屋に限る事ではありませんが、
100%な安心と、絶対などないという事を常に認識しておくべきでしょう。
俺はこれに常に気を配ってます。代打ちの子達も、『このおっさんアホか?』と思った事もあるかもしれません。
が、
自分の狩猟場を失って気付くのでは遅いのです。
収入を得る事は悪である。これが収入としない人達の一般論です。
それが正しいかどうからさておき、こういった考え方は日本特有の風潮の様なものでしょう。
【店員を助ける】
何をもってして助ける事となるかは、マニュアルではないんですが、ようは店員の求めてる事を、行える範疇で行うことです。
何もプラスアルファをする必要はありません。逆にお節介な客も店員の立場では鬱陶しい場面もあるでしょうしね。
お店のルールを守る(守っている様に見せる)これがスタートラインです。
最近の出来事でいうと、二件ほど店員と話しててフォローした部分がありました。
1件目は絆のバグが発覚した件。
アルバイトの子が客からの意見で上司に報告するもスルー。その後アルバイトの子が俺に聞きに来て、最近各地で頻発してる旨を伝えることに。
顔見知りも確認遊技で、やはりバグで間違い無いと。店側に停止を求めていました。
前任者のサラリーマンの人はおかしいと発した時に、対応してもらえなかったのは、やや残念ですが、
この件に関してはまた後日別に記事にする予定です。
2件目は、一般ユーザーの知識間違いでのクレームに発展した際、これも店員が困ってるんですがと。
話をした結果、なるほど、店の知識不足+一般ユーザーの知識不足だなと。
これはもうめんどくさかったんで、目の前にきたその一般ユーザーさんに直接話をして2秒で解決。
その後エナ巡回してたら、店員からご丁寧にお礼をわざわざいいにきました。
悪い考えを働かせていうなら、
この店員はもう、極度の注意など、俺にしてくることはないでしょう。
繰り返しになりますが、注意される様なことをしない事が一番ですが…
何より、『プロと見なされた時点で出禁』という、店に自由度のある文言が遊技約款には記載されてますので、そもそも存在が迷惑行為なんですがw
さてさて、今回も長くなりました。いつもいつもですw
余談ですが、最近、収支がオープンになりかけて困ってます。
厳密な金額ではないんですが、かなり勝ってるだの、毎月100万超えだの、そんな風に思われてると、他の期待値稼働者の中で話題になった事もあるそうで、
だからって彼らが俺に何かするわけではないよう、コミュニティを築いてきたわけですが、
最近はもっぱら一般カードの持ち玉を1000枚以上で複数にわけて分散したり、負けを誇張して話ししたりして、体裁を保ってます。
ま、
今日は既にマイナス45kです。悲しみw
それではまた。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中。よろしければ応援プッシュよろしくお願いします。
こちらの記事は中編です。その他は以下よりどうぞ。
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、前編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、中編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、後編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、終わりに