雑記

【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、前編

こちらの記事は前編です。その他は以下よりどうぞ。
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、前編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、中編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、後編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、終わりに
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中。よろしければ上のバナーを、応援プッシュよろしくお願いします。
こんにちは、倒産じぃじです。
今日はホールでの立ち振る舞いについて、書いていこうかなと思います。
パチンコ屋を収入の一環としている人は多数いらっしゃると思います。頻繁に足を運ぶホールでは他の客に目がいくこともしばしば…なんて方も少なくないんじゃないでしょうか。
期待値稼働もしやすい程、情報も簡単に手に入れられる時代です。
そんな期待値稼働に必要な台の知識はスマホで検索すれば解決しますが、立ち振る舞いまでは教えてくれる環境はとても少ないです。
俺はこの立ち振る舞いに重点を置く事で、店に依存”させてもらいやさく”しています。
店ごとのハウスルール、地域柄、ライバルの有無や稼働数など様々なホール事情だとは思いますが、もしもなにかの役に立てるなら幸いです。
そもそも情報の配信は俺みたいな影響力の少ないブログでもしないタイプなんですよね。
それがいずれ自分の食い扶持を潰しかねないという小さな小さな可能性である、大きな大きなリスクを孕んでいることを懸念しているからです。
それでも今回は珍しく、実例もちょいちょい混ぜながら下記に書いていこうかなと思います。



【貴方がパチンコ屋に通う最大の理由とはなんですか?】
パチンコ屋には1日にたくさんの人が出入りします。自分の知る地域では大型店がひしめき合い、休日にもなると、地域全体で15,000人もの人々が入れ替わり立ち代り足を運んでます。
業界不景気とはいいますが、まだまだ元気が残ってる地域もあるようです。
さて、そんなたくさんの人々が出入りするパチンコ屋さんです。来店理由も様々でしょう。
・遊び
・遊びながらの期待値稼働
・期待値稼働
主にこの3つです。この中で期待値稼働に徹している人に向けて書いてみました。
期待値稼働をしている人は専業、兼業といると思いますが、ホールでの立ち振る舞いには細心の注意を払う事をお勧めしています。
これは身体に鞭打ってまで、できない事をやるべきだというわけではなく、立ち回りの上で可能なら、加えておいて損はないと思う内容かと思います。
【期待値稼働にあたって必要なもの】
期待値稼働。設定狙いにしても、ハイエナにしても、必要なのは自分の立ち回りに適したホールです。
このホールを失ってしまっては、例えそれが自分に適した環境でも利益を上げることは出来ません。
お店に嫌われてしまっては、なにかのきっかけで出入禁止になりかねません。
そこで、実例に俺がやっている内容をざっくりと箇条書きにしていきますね。
笑ってしまうような事もあると思います。ただ、手間がかからないのでやってる部分もあるので、重要度などは置いといて、順不同で羅列しますね。
・店員と話す
・他の期待値稼働者と話す
・勝っている事をオープンにしない
・店員を助ける
・知らない客の不正などのチクリ行為をしない
・稼働を終えた台で自分のゴミなどは始末する
・客以前に、人間としてのルールを守り、モラルを持つ
ざっくりとこんなとこかと思います。上記項目に簡単に説明していきます。
出来る範囲で活かせそうなら活かして損はないかと思います。
【店員と話す】
大前提として、俺はコミュ障ではありません。人と喋る事が好きです。
営業職をしていた事もあってか、人の顔を伺うのは無意識なのかもしれません。
それを踏まえて記載しますね。
まず、店員も人間です。
店員と話す事でなんのメリットがあるかと言われると、俺の見解では2つあります。
1・知りえない情報が回ってくる
2・何かあった時、味方になってくれうる
主に1を重要視しがちですが、俺は2に重点を置いてます。
1に関してはイベントの信頼度やその日の信頼度。目を向けれてなかった店内情報など、複数の目を持ったかのように情報を得る事ができます。
機密とまで呼ばれる内容は手に入ることはまずないでしょうが、そこは店員も人間。ここまでは言えないな、ここまでは言えるなという線引きをクリアさえしていれば割と本音で話してくれます。
遊技自体が好きな店員さんなら他店舗情報なんかもくれます。
2・何かあった時、味方になってくれうる
確実に味方になってくれるとは限らないケースもあるので”くれうる”です。
もっと言うと、店員さんに目をつむってもらいやすくします。
一番は後ろめたさが無いのが一番ですからね?目をつむらす事すら起こさない事が一番です。
でも、万が一、何かあった時、目をつむってくれるのも、仲良くしておく特権でもあります。
仲良ければ何でもしていいって事では無いので履き違えることのないようにしましょう。皆までは書きません。
【他の期待値稼働者と話す】
俺は基本的に敵を作る事を好みません。たまに友好的でない人も中にはいるでしょうが、好んで敵を作る必要はありません。
先日仲の良い期待値稼働者がこんな事を言ってくれました。
『元々のツレがいるからそいつ優先で台を渡すけど、他におらんけりゃ絶対自分に優先的に台をまわすやん』
こんな事を言ってくれました。ありがたい話です。
この話が出たのは、俺が実際にあった台確保での出来事を話した後のことでした。
その台確保の出来事ってのを下記に記載します。
〜〜台確保での出来事〜ここから〜〜
俺がシマを歩いているところ、目の前でスーツ姿の男性が離席モーションに入りまして、それがゾーン狙いボーダーを超えている台だったんですね。
俺は偶然の出来事ながら、これはありがたいと離席後に下皿へ携帯を置こうとした時に、横から走ってきて俺の置こうとした携帯の下に携帯を滑りこませたんですよ。
イラッとしなかったと言えば嘘になりますが、相手は俺の顔をみて、表情とジェスチャーと小声で謝罪をしてました。
若干呆れ混じりながらではありますが、こちらもため息と笑顔とジェスチャーでまーしゃーねーわなといった対応でその場をしのぎました。
謝罪もなく俺ので手をはねのけ遊技を始められたら呆気にとられるところでしょうが、スマートとは言えないながらも謝罪があったのも事実。
なんならちょくちょくホールで見かける顔だったので、ここで揉めてホールを失う可能性よりも、数千円ごとき笑って譲ってやろうという判断にいたったわけです。
次は譲ってもらいやすくなることに僅かながらの期待をしたのもあります。
〜〜台確保での出来事〜ここまで〜〜
こう言った話をした後に上記のようなありがたい言葉を頂いたわけです。
彼曰く、そういう態度とか、コミュニティの作り方とか、よく喋るってのもあるけど、譲って損はないなって思わせてくれるから。だそうです。
確かにホール内では知人などに台を譲ったり、確保しあったりなんてのは日常茶飯事。
既に彼との間には、過去数回お互いのために台を確保しあったことがあります。
そんな中で改めて彼が俺に言ってくれた言葉は、やはりホールでの態度を見てて不快感を与えてなかったんだなと痛感しました。
そもそも彼がいい人だから、俺も仲良くありたく思い、助け合いたいと思っている次第ですが、
こういう関係を構築していくことは、自分にもプラスになり、新たな交友関係を築くきっかけにもなり、さらなるメリットをもたらしてくれる事もあります。
その他にも、行かなかった日のホール状況などなど、現場で活きる情報共有の大切なコミュニティを築けます。
期待値稼働者同士だと、ライバル意識が高かったり、相手の悪いところや嫌いなところに目がいきがちですが、喋ってみるといい奴だったってことの方が多いと思いますよ。
軍団から派遣されてる子達は、ボーダーがマニュアル化されている為、それに満たないながらも期待値がある場合、わざわざ確保して探してまで声をかけにきてくれます。
これは戦略としてやってる人もいるとは思いますが、(ライバルをより高い期待値を空き待ちさせずに予め他の台で拘束しておくなど)彼らは気さくに親切でやってくれるので、こちらとしてもお礼に情報を渡したり、稼働中見える範囲で彼らのボーダー台を確保してお返ししてあげたりなどでバランスをとってます。
過去に話しかけて一触即発になり、こっちもつっかかりかけた事もあったので、その辺は相手をよく見て、有益か否か、そもそも楽しめる相手か否かを判断してください。
長くなったので続きは次回に。
それではまた。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中。よろしければ応援プッシュよろしくお願いします。
こちらの記事は前編です。その他は以下よりどうぞ。
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、前編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、中編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、後編
【戯言】 能ある鷹は爪を隠す、終わりに